Googleスプレッドシートのドキュメントでグラフを使用する場合、凡例なしでグラフを想像することは困難です。 チャートの各セクションにラベルを付けて、常に明確で理解しやすいようにするための凡例があります。

Googleスプレッドシートには、グラフをカスタマイズするためのさまざまな方法が用意されています。凡例の調整もその1つです。 ラベルの位置、フォント、サイズを変更するだけでなく、凡例名を変更する方法も知っておく必要があります。

この記事では、Googleスプレッドシートの凡例の名前を作成、カスタマイズ、変更する方法を段階的に説明します。

ステップ1:チャートを挿入する

グラフなしでは凡例を作成できないため、Googleスプレッドシートドキュメントに凡例を追加する方法を見てみましょう。 プロセスは比較的簡単です–次の手順に従ってください。

  1. Googleスプレッドシートのドキュメントを開きます。
  2. グラフに含めるすべての行と列の上にマウスをクリックしてドラッグします。
  3. トップバーで[挿入]を選択します。
  4. 「チャート」をクリックします。

これで、グラフがGoogleドキュメントに表示されます。

デフォルトでは、凡例はテーマのデフォルトオプションとともにチャートの上部に表示されます。 通常、そのフォントはArial、サイズ12、フォントの色は黒です。 ただし、[カスタマイズ]ボックスでこれらすべてのオプションをさらに変更できます。

ステップ2:凡例をカスタマイズする

凡例の名前を変更する前に、他のオプションを調整する必要があります。 そのためには、「カスタマイズ」ボックスを見つける必要があります。 方法は次のとおりです。

  1. チャートをクリックします。 スマートフォンを使用している場合は、タップするだけです。
  2. グラフの右上にある[その他]オプションを選択します(縦に3つ並んだ点)。
  3. [グラフの編集]に移動します。 新しいダイアログボックスが表示されます。 コンピューターでは、チャートをダブルクリックするだけでボックスが開きます。
  4. [カスタマイズ]タブを選択します。
  5. 「凡例」に移動します。 これにより、いくつかの調整可能なオプションが表示されます。

位置セクションでは、チャート内で凡例を移動できます。 デフォルトの位置はチャートの上部ですが、下部、チャートの内側、またはいずれかの側に配置することもできます。

フォントサイズだけでなく、10以上の異なるスタイルで凡例のフォントを変更するオプションもあります。 必要に応じて、[凡例形式]オプションを使用して、フォントを太字にするか、斜体を使用できます。

最後に、テキストの色セクションでは、フォントの色を変更できます。 このようにして、チャートの境界線の色と軸の色を内側のテキストで調整できます。

ステップ3:凡例名を変更する

最後に、凡例のラベルを変更/名前変更できます。 残念ながら、[カスタマイズ]ボックス自体の中で凡例の名前を変更する方法はありません。 これを行うには、スプレッドシートの値を変更する必要があります。 これは基本的に、グラフの値を変更する場合は列を編集する必要があることを意味します。

チャートのヘッダーはヘッダー名です。 デフォルトでは、各列の最初の行が凡例名になります。

これを変更するには、列の最初の行の名前を変更するだけです。

  1. 列セルをダブルクリック(またはダブルタップ)します。
  2. 好きな名前を入力してください。
  3. 「Enter」を押します(または画面上の他の場所をタップします)。 これにより、凡例の名前も変更されます。

凡例ヘッダーの切り替え

列ヘッダーを凡例ヘッダーとして使用する必要はありません。 代わりに、物事を切り替えて、行の値を使用できます。 そのためには、次の手順に従う必要があります。

  1. チャートをダブルクリック(またはダブルタップ)します。
  2. ボックスから「セットアップ」タブを選択します。
  3. メニューの下部にある[行/列の切り替え]オプションにチェックマークを付けます。

これで、最初の行がヘッダーになり、グラフの構造全体が変更されます。

ドキュメントには行がたくさんあるため、ヘッダーの数も多くなります。 以前の「凡例1」と「凡例2」のヘッダーが2つのグラフグループの下にあることがわかります。

また、ヘッダーが多いため、以前のバージョンで使用したカスタマイズも機能しない場合があります。 たとえば、より大きなテキストサイズを使用した場合、グラフウィンドウが小さすぎてすべてを表示できない可能性があります。

そのため、前の2つのセクションの手順を使用して、凡例のフォント、サイズ、および色をカスタマイズする必要があります。 さらに、必要に応じてヘッダーの名前を変更できます。 唯一の違いは、各行の最初のセルを変更して、各凡例ラベルの名前を変更することです。

伝説にふさわしい名前

ご覧のとおり、凡例に名前を付けるのはかなり簡単な作業です。 グラフの設定ウィンドウで(まだ)変更できない場合でも、Googleスプレッドシートから直接カスタマイズするのは簡単です。

ただし、ラベルが数個だけではない大きなドキュメントで作業している場合、タスクは少し複雑になる可能性があります。 そのため、凡例の位置とフォントの種類とサイズに注意する必要があります。

大きな文書の伝説にどのように対処しますか? どのフォントサイズと位置を使用していますか? 以下のコメントセクションであなたの方法を説明してください。

前の記事RedditモバイルWebサイトからメッセージを送信する方法
次の記事iPhoneまたはAndroidアプリなしでSnapchatを使用する方法
Natalia QuinnはHow2Geeksのミューズであり、現在はコピーライティングであり、テクノロジーとデジタルの分野で有名な編集者です。Nataliaの記事には独自の機能があり、テクノロジー、テクノロジーのヒント、または今日の最新かつ最新のテクノロジーニュースレターに関する情報を提供することに特化しています。